MENU

ツンデレ男子とは?性格の特徴21選と扱い方

普段はツンとしていて近寄りがたい男性が「ふとした瞬間」デレてくるとギャップに惚れてまう女性は少なくありません。

なぜかというと、自分にだけ弱い部分を見せてくれると嬉しいから。

普段は強がっているのに急に甘えられると「ドキっ」としてしまうのも無理はありませんよね。

とはいえ。ツンとデレのふり幅や、どんな場面でデレるかには個人差があります。

ツンデレ男性の最大の特徴は天然であることかもしれません。

本記事ではツンデレ男性の特徴をご紹介しつつ扱い方を解説します。

目次

ツンデレ男子の特徴21選

ツンデレ男子の特徴21選

ツンデレ男子の特徴を解説します。

天然の猫系

ツンデレ男性は計算してツンとデレを使い分けているわけではありません。

なぜかというと疲れるから。

素の状態で生活しているだけです。

本能的にツンとデレのふり幅がある男性はまさに猫系。

本人も自分がツンデレという自覚がないため扱いが非常に難しいのが特徴です。

プライドが高い

ツンデレ男子はプライドが高い人が多いです。

なぜかというと、毅然とした態度でツンツンしてくるから。

ゆーても男の子なので誰でも多少のプライドはあります。

急にデレてきても、いじったりするとすねるので注意しましょう。

自分に自信がある

自信がある分野を持っているツンデレ男子は多いです。

  • 仕事
  • お金
  • ファッションセンスetc…

自信がある分野の話についていける人を好む傾向にあるので仲良くなりたいのであれば、最低限、相手の得意分野に興味がある状態を目指しましょ。

人見知り

実はツンデレ男子には人見知りが多いです。

人見知りがゆえの「ツン」は接触回数を重ねるごとに減っていきます。

ある日突然訪れる「デレ」に期待しつつ接触回数を増やしていきましょ。

素直なタイプ

ツンデレ男子は素直なタイプと素直じゃないタイプに分かれます。

素直なタイプのツンデレ男子は感情が表に出やすいです。

勉強や仕事に集中しているときはムスッとしていても、積極的に話しかけたり、ほめたりすると表情が緩んできます。

素直なタイプのツンデレ男性のデレは意図的に引き出せるのでぜひトライしてみましょ。

素直じゃないタイプ

素直じゃないタイプのツンデレ男性のデレを引き出すのは非常に難しいです。

なぜかというと、ポーカーフェイスだから。

内心うれしくてもクールに装うのが習慣化されています。

とはいえ。2人きりになると急にデレてくる可能性は高いです。

普段からファッションをほめるなど距離を縮めておくことでデレやすい状況を作っておきましょ。

正直者

ツンデレ男性は正直者が多いです。

普通に嘘がつけないタイプ。

愛想笑いができるならツンツンしたりしませんからね。

正直者にファンは多いですが、場面によっては「空気を読めない」など悪い方向に出る場合もありますので注意が必要です。

一途で純粋

恋愛においては一途で純粋です。

なぜかというと、自己開示が下手だから。

自分をさらけ出せる相手がなかなか見つからないため「俺みたいな人間を好きになってくれるなんて神」と考えるタイプも多いです。

恋愛においては慎重派ですが打ち解けると一途に愛を注いでくれる傾向にあります。

秘密を抱えている

秘密をかかえているがゆえのツン。

ツンデレ男性の秘密を暴こうとするのは絶対にやめておきましょ。

なぜかというと、自己開示にとてつもないパワーを使うから。

正直者で素直なタイプだと、自分の矛盾に嫌気がさしているケースもあります。

過去のトラウマなどの地雷を踏むと一気に嫌われるので「何か隠してるな」と感じてもそっとしておくのが吉。

さりげなく優しい

ツンデレ男子の真骨頂は優しさです。

なぜかというと、ツンとのギャップがとてつもないから。

クールで笑い話などしない先輩が甘いコーヒーを差し入れてくれた時はキュンですよね。

会議体でかばってくれる先輩もキュンです。

優しさを感じないツンツンしてるだけの男性は「ただのS」である可能性が高いので注意しましょ。

表向きはクール

表向きはクール。

でも、オフは優しい。

キュンです。

会議ではびしっと決めている先輩が休憩室でニコニコしてるのを見ると、ほっこりするのは男女とはず。

いい意味で表と裏があるのがツンデレですよね。

照れ屋

ツンしてる理由が照れ屋だから、というのはあるあるです。

ほめられることに耐性がないんですよね。

嫌がっているのか照れているのか見極めるのは難しいですが。

コツとしては2人きりのときに褒めること。

大勢の前で褒められるとクールに装っていても2人きりのときに照れてくれるなら脈ありです。

社交辞令が苦手

ツンデレ男子は社交辞令が苦手です。

ときには空気をぶち壊すこともあります。

本人も自覚しているケースでは「コミュ障かもしれん」という悩みを抱えている場合もあります。

ツンデレ男子のフォローアップができるようになると周囲からも株が上がるので、邪険にせず利用するというのはありです。

一人の時間が好き

ツンデレ男子は一人の時間が好きです。

ツンがゆえに孤独な時間が多いため、孤独耐性はかなり強め。

恋人がツンデレ男性であれば一人の時間も確保してあげましょ。

一人の時間を満喫しているからこそ恋人との時間でデレることができる生き物です。

責任感が強い

ツンデレ男子は責任感が強い人。

ふとした言葉を重く受け止め相手のために尽くすという精神を持ち合わせています。

良くいえば真面目。

悪くいえばクソ真面目です。

肩の力を抜いてあげて緩急をつけてあげることで、デレやすい環境を整えてあげましょ。

ルールは厳守

ルール厳守は当たり前。

なので、ルーズな人には一生デレない可能性高いです。

自分が持っていない天真爛漫さに魅力を感じてルーズな人と付き合ったとしても、ストレスが爆発する場合もあります。

ツンデレ男子と付き合うのであればルール厳守で。

不器用

ツンデレ男子は不器用な人が多いです。

  • 素直になれない
  • 本心を言えない
  • でも、天真爛漫にあこがれる

天然でツンデレしていても悩みは抱えているもの。

なので、悩みを的確に処理してくれる女性に惚れる可能性は高いです。

とはいえ。プライドを傷つけないようにアドバイスするのは繊細な作業なので慎重に。

好き避け

好きな人を避けてしまうツンデレ男子もいます。

なぜかというと、恥ずかしいから。

みんなの前ではツンなのに2人きりになるとデレる自分に照れてしまいます。

「私のこと好きなのかな?」「親しくなりたいな」と感じたときは焦らずじっくり距離を詰めていきましょ。

メールや電話と現実のギャップ

メールや電話だとそっけないのに実際に会うと優しかったり。

実際に会うとツンツンしてるのにメールや電話だと優しい男性は100%ツンデレです。

ツンとデレのギャップを楽しみましょ。

2人になるとデレる

大人数で遊ぶとクールなのに2人になるとすごく優しい男性は100%ツンデレです。

あなたにしか見せない表情やしぐさ、自己開示を始めたら脈あり。

あなたに気を許している証拠なので特別なギャップをお楽しみください。

実はかわいい

ツンデレ男子は実はかわいい性格の持ち主。

なぜかというと、特別な感情が伝わるから。

  • 天然なしぐさに癒される
  • 純粋で一途に愛してくれる
  • 職場ではクールでも2人になると優しい

あなたに特別な感情を抱いているのがまるわかり。

ツンデレ男子のかわいさを独り占めしたい女性は多いです。

ツンデレ男子の扱い方3選

ツンデレ男子の対処法3選

ツンデレ男子に遭遇したときの対処法を解説します。

基本は放置

基本は放置でOK。

なぜかというと、天然だから。

人格を修正するのは不可能です。

とはいえ、後輩や同僚で業務に支障をきたす場合は指導が必要です。

教育や指導は事実ベースで

ツンデレ男性はマイルールにのっとて行動しています。

  • 会議ではクールに
  • 上司への報告は数値ベースで
  • 同僚との会議はフランクに

とはいえ。意図的ではなく感覚で行動しています。

下手に注意や指摘をすると「人格否定された」と過剰に反応し落ち込みやすい傾向にあります。

なので事実ベースで行動をコントロールすることを促すべきです。

  • 他部署からクレームが入った
  • 得意先の売り上げが落ちている
  • 役職者として必要な知識が足りていない

繰り返しですが、客観的な事実を引用し行動をコントロールすることを促しましょ。

ほめて伸ばす

ツンデレはほめて伸ばしましょ。

なぜかというと、ほめられなれてないから。

普段はツンツンしていて自信があるような態度でも内心は不安や悩みを抱えています。

いいところをしっかりほめることで、本来の能力をさらに引き出すことができます。

ツンデレ男子は天然猫系

ツンデレ男子は天然猫系

ツンデレ男子は天然の猫系です。

素で行動しているためコントロールは難しくプライドも高い傾向にあります。

とはいえ。一度なつくと一途に愛してくれますし、アドバイスに素直に従うまじめな性格も持っています。

行動を修正したい場合は人格否定せず事実ベースで諭しましょ。

ツンとデレのギャップに惚れてしまう女性も多いですが。

相手の性格をよく理解して楽しみながら関係構築を目指しましょ。

今回は以上です。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる